【カードタイプメッセージとは】使い方・活用事例まとめ

運用テク

カードタイプメッセージは、カード型のメッセージを横に何枚も連ねることができ、ユーザーは画面をスワイプさせることでメッセージを確認できます。カルーセル形式とも呼ばれます。

カードタイプメッセージは、4種類のメッセージフォーマットがあり、各フォーマットを元に情報を入力することで、統一感のある仕上がりになります。カードタイプのため、見やすい配列仕様で、複数の情報を各まとまりで表示させることに適しています。

1つの吹き出しで最大9枚のカードを設定することができます。

4種類のカードタイプを知る

カードタイプメッセージは、設置したリンクをユーザーがタップ(またはクリック)できる範囲が広く、さまざまな情報を整理して統一感のある仕様にすることが可能です。そのため、通常のメッセージよりもWEBページへの誘導や来店促進に高い効果が期待できます。

目的に合わせて、4種類のカードタイプの中から、最適なものをチョイスしましょう。また、カードタイプは4種類ですが、ラベルの色や写真・リンクの数など、さまざまなカスタマイズができるようになっており、組み合わせを変えることによって、オリジナル仕様にすることができます。

プロダクト

商品やサービスプラン、料理メニューなど、宣伝やメニュー一覧表などの利用に適しています。

ロケーション

店舗紹介やアクセス方法、観光スポット紹介など、地図情報を設置することでユーザビリティが向上するような場合に適しています。

パーソン

スタッフやキャラクターなどの人物紹介に適しています。

イメージ

キャンペーンや商品などの写真や画像をメインにしたシンプルな紹介に適しています。

カード最後の「もっと見る」カード

カードタイプメッセージの最後に追加できるカードです。自由に入力できるテキストに、リンクを設置できる仕様のシンプルなカードです。テンプレートは2種理あり、写真や画像を設定することもできます。

カードタイプメッセージの内容に興味関心を持ったユーザーに対して、カードで表示しきれていない詳細な情報を閲覧できるリンク先へ誘導したり、次のアクションに誘導したりできます。

設定・機能

カードタイプメッセージを作成してみましょう。

LINE公式アカウントの管理画面より、「カードタイプメッセージ」を選択後、「作成」をクリック。新規作成画面に遷移すると、カードタイプの設定ができます。

「活用のヒント」では、カードタイプ別の特徴やカードタイプメッセージの概要を案内してくれています。

新規作成画面に遷移すると、メッセージタイトルや、カードタイプを選択することができます。目的に適したカードタイプを選択し、「選択」をクリックします。

新規作成で設定できるカードタイプは1種類のみです。カードタイプを複数選び、並べることはできません。1種類のみだからこそ、統一感のある仕様になります。カード枚数については、最大9枚のカードを設定することができます。

カードタイプメッセージの編集が全て完了したら、最後に「もっと見るカード」の設定を行います。

「もっと見るカード」の使用有無については、自由に決めることができます。設定するかどうかは、「もっと見るカードを使用」のチェックボックスにチェックを付けるかどうかで設定できます。

「テンプレート」の「変更」をクリックすると、2種類のテンプレートから選ぶことができます。写真や画像を挿入したい場合、こちらから「写真」というテンプレートを選択することが可能です。

「アクション」でアクションラベルを入力し、「タイプ」では、誘導したい先の設定を行うことができます。リンク設置だけではなく、「クーポン」や「ショップカード」など目的に合った仕様にカスタマイズできます。

「もっと見る」の設定まで完了したら、忘れずに「保存」をクリックしましょう。保存したカードタイプメッセージは、「カードタイプメッセージ」より一覧で確認することができます。こちらから編集することも可能です。

保存したからといって、自動的に配信されるわけではありません。配信については、別途設定する必要があります。

メッセージ配信やあいさつメッセージ、自動応答メッセージで選択が可能です。

活用事例

季節限定商品の紹介

【カードタイプ】
プロダクト

  • アイコンで視覚的におすすめをアピール
  • 画像は1枚にし、画像挿入エリア全てを活用して大きく見せる
  • アクションも1つだけにし、シンプルな仕様で見やすさを優先する。

観光スポットの紹介

【カードタイプ】
ロケーション

  • ラベルで観光スポットを紹介
  • 住所に位置情報を設定して、Google マップへ誘導
  • 追加情報には「時間」を選択。開園日を設定

ヘアサロン担当者の紹介

【カードタイプ】
パーソン

  • タグで担当者のステータスを紹介
  • 担当者からのメッセージは説明欄に入力
  • アクションは付けずに、シンプルにスタッフを紹介

ランチ限定メニューの紹介

【カードタイプ】
イメージ

  • ランチ限定メニューを一覧で表示
  • ラベルを利用して限定感をアピール
  • カード最後の「もっと見る」カードを活用して、詳細ページへスムーズに誘導

カードタイプメッセージ活用ひと工夫

コピー機能を有効活用する

カードタイプメッセージには「コピー機能」があります。過去に作成したカードタイプメッセージをコピーして、新規作成することができます。

「カードタイプメッセージ」のリストの右端にある縦に並んだ「…」アイコンをクリックして「コピー」を選択すると、新規作成ページへ遷移します。

「もっと見る」カードを利用する

カードタイプメッセージの最後に表示されるカードです。「もっと見る」カードは表示有無を設定できるため、表示させないようにすることも可能です。

しかし、「もっと見る」カードは表示することをオススメします。なぜかというと、カードタイプメッセージを閲覧したユーザーの興味関心がより高まり、「もっと詳しい情報を知りたい」と感じたユーザーを、温度感の高い状態のまま詳細ページへ誘導することができるためです。

あいさつメッセージや自動応答メッセージと紐づける

カードタイプメッセージは、統一感のあるフォーマットであることから、多くの情報を整理整頓した状態で配信することに適しています。

通常のメッセージ配信はもちろんのこと、「LINEお友だち追加」を行ったユーザーへ、あいさつメッセージの一部として配信することも有効です。商品やサービスを紹介したり、自動応答メッセージでの返信メッセージとして活用したりと、ユーザーに伝えたい情報を効率良く伝えることができます。

まとめ

カードタイプメッセージを作成するには、4種類のカードタイプから目的や用途に合わせて適しているカードタイプを選択する必要があります。各カードタイプによって、表示方法や見え方、設定内容が異なるため、ユーザーに伝えたいメッセージの内容に合わせて、適切なカードタイプを選択することをおすすめします。

お気軽にお問い合わせください

LINE運用プランナー、クリエイター、ライターがチーム一丸となりLINEの機能・サービスをフル活用して徹底的に運用サポート致します。まずは私たちにご相談ください。

お問い合わせはこちら

関連記事一覧